重要なお知らせ。

プロバイダ変更のため、2009年4月以降は本ブログの閲覧ができなくなる恐れがあります。

ご了承ください。

なお、現在ブログはASURA BLOG ver2.0(http://pocol.blog64.fc2.com/)にて,更新しておりますので、よろしければご閲覧ください。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月27日 (水)

移動します!

ブログの方をこちら(ココログ)からFC2の方に移動することにしました。

新しいページは

ASURA BLOG Ver 2.0

[URL] http://pocol.blog64.fc2.com/ になります。

こちらのページは以降更新しない予定なので,こちらのページにリンクをされている方はお手数ですが,リンクの変更の方をよろしくお願いいたします。 m(_ _)m

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月25日 (月)

I'll be back ?!

また近々,数学の塾講師としてまた教壇に戻りそうです。A校からのオファーは来ているんですが,T校からのオファーはまだもらっていないので,活動場所は新たな場所になりそうです…。

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月22日 (金)

メモ2

Windowsフォームアプリケーションでプロジェクトを作成して…っていうやつの続き。

imagireさんのページのサンプルを元につくて見たがどうも描画がされない。

で,描画関数そのものはコールされているので問題ない模様。

色々といじってみた結果,共通ランタイムサポートの項目を変更して,それで動いた。

デフォルトでは(/clr:pure)とか言うのになっているが,下のようにこれを(/clr)にすると動く。

なんかこういうところが,素人にはわかりずらいっすね。

そんなわけで無事,レンダリング結果が表示されました。

Image3 Image2

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月21日 (木)

メモ…。

Visual C++ 2005, 2008でWindows フォームアプリケーションでプロジェクトを作成して,コンパイルしたときに…

1>AsuraCGL.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A00000D) "extern "C" int __stdcall SetPixelFormat(struct HDC__ *,int,struct tagPIXELFORMATDESCRIPTOR const *)" (?SetPixelFormat@@$$J212YGHPAUHDC__@@HPBUtagPIXELFORMATDESCRIPTOR@@@Z) が関数 "private: int __clrcall Asura::CGl::SetupPixelFormat(struct HDC__ *)" (?SetupPixelFormat@CGl@Asura@@$$FAAMHPAUHDC__@@@Z) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A00000E) "extern "C" int __stdcall ChoosePixelFormat(struct HDC__ *,struct tagPIXELFORMATDESCRIPTOR const *)" (?ChoosePixelFormat@@$$J18YGHPAUHDC__@@PBUtagPIXELFORMATDESCRIPTOR@@@Z) が関数 "private: int __clrcall Asura::CGl::SetupPixelFormat(struct HDC__ *)" (?SetupPixelFormat@CGl@Asura@@$$FAAMHPAUHDC__@@@Z) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A000010) "extern "C" int __stdcall ReleaseDC(struct HWND__ *,struct HDC__ *)" (?ReleaseDC@@$$J18YGHPAUHWND__@@PAUHDC__@@@Z) が関数 "public: __clrcall Asura::CGl::~CGl(void)" (??1CGl@Asura@@$$FQAM@XZ) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2028: 未解決のトークン (0A000013) "extern "C" struct HDC__ * __stdcall GetDC(struct HWND__ *)" (?GetDC@@$$J14YGPAUHDC__@@PAUHWND__@@@Z) が関数 "public: __clrcall Asura::CGl::CGl(struct HWND__ *)" (??0CGl@Asura@@$$FQAM@PAUHWND__@@@Z) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" int __stdcall ReleaseDC(struct HWND__ *,struct HDC__ *)" (?ReleaseDC@@$$J18YGHPAUHWND__@@PAUHDC__@@@Z) が関数 "public: __clrcall Asura::CGl::~CGl(void)" (??1CGl@Asura@@$$FQAM@XZ) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" int __stdcall SetPixelFormat(struct HDC__ *,int,struct tagPIXELFORMATDESCRIPTOR const *)" (?SetPixelFormat@@$$J212YGHPAUHDC__@@HPBUtagPIXELFORMATDESCRIPTOR@@@Z) が関数 "private: int __clrcall Asura::CGl::SetupPixelFormat(struct HDC__ *)" (?SetupPixelFormat@CGl@Asura@@$$FAAMHPAUHDC__@@@Z) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" int __stdcall ChoosePixelFormat(struct HDC__ *,struct tagPIXELFORMATDESCRIPTOR const *)" (?ChoosePixelFormat@@$$J18YGHPAUHDC__@@PBUtagPIXELFORMATDESCRIPTOR@@@Z) が関数 "private: int __clrcall Asura::CGl::SetupPixelFormat(struct HDC__ *)" (?SetupPixelFormat@CGl@Asura@@$$FAAMHPAUHDC__@@@Z) で参照されました。
1>AsuraCGL.obj : error LNK2019: 未解決の外部シンボル "extern "C" struct HDC__ * __stdcall GetDC(struct HWND__ *)" (?GetDC@@$$J14YGPAUHDC__@@PAUHWND__@@@Z) が関数 "public: __clrcall Asura::CGl::CGl(struct HWND__ *)" (??0CGl@Asura@@$$FQAM@PAUHWND__@@@Z) で参照されました。
1>C:\Users\Ishibashi\Desktop\a\Debug\a.exe : fatal error LNK1120: 外部参照 8 が未解決です。

…というエラーメッセージが出る問題

この原因は,ただ単に最後のメッセージにあるように外部参照が未解決になっているせい。

これは

#pragma comment(lib, "user32.lib")
#pragma comment(lib, "gdi32.lib")

の二つを入れてやれば,万事解決。

解決のもとになったのは次のページ…。

http://vsug.jp/tabid/63/forumid/42/postid/9206/scope/posts/Default.aspx

| コメント (0) | トラックバック (0)

そうなの?

X箱が品薄になっているらしですね。

http://www.xbox.com/ja-JP/console_info_20080819.htm

| コメント (0) | トラックバック (0)

あら。

今日の朝日新聞の経済面見て知ったのですが,テクモの社長が変わったみたいですね。

http://www.famitsu.com/game/news/1217461_1124.html

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

そういえば…

そういえば,すでにいたるところで話題になっているかもしれませんが・・・

Bio 100%のサイトがリニューアルされていますね。

http://bio100.jp/

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

OpenGLで動画

OpenGLの実行画面をキャプチャーしてビデオを作成したいなぁ~と思って,プログラム組んでみたのですが,やっぱりglReadPixels()を使っているせいか,録画最中はかなりフレームレートが下がって使いもんにならなそうです。

なんか,うまいやり方ありそうなんですけどね…全然わかりません。

あんまし,いい結果にならないので,ホームページではなく,ここで一応要の部分のコードを公開しておこうかなって思います。

<< AviCreator.h >>

#ifndef __AVI_CREATOR_H_INCLUDED__
#define __AVI_CREATOR_H_INCLUDED__

//
// Includes
//
#include <windows.h>
#include <vfw.h>
#include <GL/glew.h>
#include <GL/glut.h>

//
// Link
//
#pragma comment(lib, "vfw32.lib")
#pragma comment(lib, "glew32.lib")

//
// CAviCreator class
//
class CAviCreator
{
protected:
unsigned int m_Width;
unsigned int m_Height;
unsigned long m_Size;
unsigned long m_Scale;
unsigned long m_Rate;
GLubyte* m_Pixels;
unsigned long m_FrameCount;
AVISTREAMINFOA m_AviStreamInfo;
PAVIFILE m_pAviFile;
PAVISTREAM m_pAviStream;
GLuint m_PboID[2];

public:
CAviCreator();
~CAviCreator();

bool Start( unsigned int width, unsigned int height, const char *file, unsigned long scale, unsigned long rate );
bool CaptureWindow();
void End();
void Release();
};

#endif // __AVI_CREATOR_H_INCLUDED__

<< AviCreator.cpp >>

//
// Includs
//
#include "AviCreator.h"

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////
// CAviCreator class
/////////////////////////////////////////////////////////////////////////

//----------------------------------------------------------------------------------------------------
// Name : CAviCreator()
// Desc : コンストラクタ
//----------------------------------------------------------------------------------------------------
CAviCreator::CAviCreator()
{
m_Width = 0;
m_Height = 0;
m_Scale = 0;
m_Rate = 0;
m_Size = 0;
m_Pixels = NULL;
m_FrameCount = 0;
m_PboID[0] = 0;
m_PboID[1] = 0;
}

//----------------------------------------------------------------------------------------------------
// Name : ~CAviCreator()
// Desc : デストラクタ
//----------------------------------------------------------------------------------------------------
CAviCreator::~CAviCreator()
{
Release();
}

//----------------------------------------------------------------------------------------------------
// Name : Release()
// Desc : 後片付け
//----------------------------------------------------------------------------------------------------
void CAviCreator::Release()
{
// PBOの破棄
if ( m_PboID[0] != 0 )
{
  glDeleteBuffers( 1, &m_PboID[0] );
  m_PboID[0] = 0;
}
if ( m_PboID[1] != 0 )
{
  glDeleteBuffers( 1, &m_PboID[1] );
  m_PboID[1] = 0;
}

m_Width = 0;
m_Height = 0;
m_Scale = 0;
m_Rate = 0;
m_Size = 0;
m_Pixels = NULL;
m_FrameCount = 0;
}

//----------------------------------------------------------------------------------------------------
// Name : Start()
// Desc : セットアップをして録画を開始
//----------------------------------------------------------------------------------------------------
bool CAviCreator::Start(unsigned int width, unsigned int height, const char *file, unsigned long scale, unsigned long rate)
{
// GLEWの初期化
if ( glewInit() != GLEW_OK )
{
  MessageBox( NULL, TEXT("Error : GLEWの初期化に失敗しました"), TEXT("Error !!"), MB_ICONERROR | MB_OK );
  return false;
}

// 変数代入
m_Width = width;
m_Height = height;
m_Scale = scale;
m_Rate = rate;
m_FrameCount = 0;
m_Size = 0;

// サイズ決定
m_Size = (((m_Width*24+31)&~31 )/8) * m_Height;

// 設定
BITMAPINFOHEADER bmih = { sizeof(BITMAPINFOHEADER), m_Width, m_Height, 1, 24, BI_RGB, m_Size, 0, 0, 0, 0 };
AVISTREAMINFOA si = { streamtypeVIDEO, comptypeDIB, 0, 0, 0, 0, m_Scale, m_Rate, 0, 0, 0, 0, (DWORD)-1, 0, { 0, 0, m_Width, m_Height }, 0, 0, "VIDEO" };
m_AviStreamInfo = si;

// AVIファイルの初期化
AVIFileInit();

// ファイルオープン
if ( AVIFileOpenA( &m_pAviFile, file, OF_CREATE | OF_WRITE | OF_SHARE_DENY_NONE, NULL ) != 0 )
{
  MessageBox( NULL, TEXT("Error : ファイルが開けませんでした"), TEXT("Error !!"), MB_ICONERROR | MB_OK );
  return false;
}

// ストリーム作成
if ( AVIFileCreateStreamA( m_pAviFile, &m_pAviStream, &m_AviStreamInfo ) != 0 )
{
  MessageBox( NULL, TEXT("Error : 編集用ファイルストリームの作成に失敗しました"), TEXT("Error !!"), MB_ICONERROR | MB_OK );
  return false;
}

// フォーマットをセット
if ( AVIStreamSetFormat( m_pAviStream, 0, &bmih, sizeof(BITMAPINFOHEADER) ) != 0 )
{
  MessageBox( NULL, TEXT("Error : ストリームのフォーマット設定に失敗しました"), TEXT("Error !!"), MB_ICONERROR | MB_OK );
  return false;
}

// PBOを作成
glGenBuffers( 2, m_PboID );
glBindBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, m_PboID[0] );
glBufferData( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, m_Size, 0, GL_STREAM_READ );
glBindBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, m_PboID[1] );
glBufferData( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, m_Size, 0, GL_STREAM_READ );
glBindBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, 0 );

return true;
}

//----------------------------------------------------------------------------------------------------
// Name : CaptureWindow()
// Desc : 描画結果をキャプチャーしてフレームに書き込み
//----------------------------------------------------------------------------------------------------
bool CAviCreator::CaptureWindow()
{
static int index = 0;
static int nextIndex = 0;

// インデックス決定
index = (index + 1) %2;
nextIndex = (index + 1) %2;

// ピクセルデータの読み取り
glBindBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, m_PboID[index] );
glReadPixels( 0, 0, m_Width, m_Height, GL_BGR, GL_UNSIGNED_BYTE, 0 );
glBindBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, m_PboID[nextIndex] );
m_Pixels = (GLubyte*)glMapBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, GL_READ_ONLY );

// ファイルに書き込み
if ( AVIStreamWrite( m_pAviStream, m_FrameCount++, 1, m_Pixels, m_Size, AVIIF_KEYFRAME, NULL, NULL ) )
{
  return false;
}

// バインドを戻す
glUnmapBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER );
glBindBuffer( GL_PIXEL_PACK_BUFFER, 0 );

return true;
}

//----------------------------------------------------------------------------------------------------
// Name : End()
// Desc : ファイル作成終了
//----------------------------------------------------------------------------------------------------
void CAviCreator::End()
{
// ストリームを破棄
AVIStreamRelease( m_pAviStream );

// ファイルを破棄
AVIFileRelease( m_pAviFile );

// ファイル作成終了
AVIFileExit();

// 後片付け
Release();

//
MessageBox( NULL, TEXT("AVIファイルの作成に成功しました"), TEXT("ファイル作成完了"), MB_ICONINFORMATION | MB_OK );
}

| コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

It's ...

「イッツビィディォー!」とかペンギンがしゃべるSONYのコマーシャルが昔ありましたよね〜。
なんとなく思い出してしまいましたw

なんでそんなの唐突に?!
と、いう理由ですが、プログラムの実行中の画面をキャプチャーしてVideoを作りたいなぁ〜と思ったわけです。
それでVFW使ってプログラムを組んでいるときに、例のコマーシャルが頭に浮かんだと。
まぁそういうわけです。はい。

普通であればキャプチャボートでも取り付けて、うまく作るのかも、しれませんが。
まず、そういったハードウェアが手元にないですし、あったとしてもやり方がよくわからんのですよ!
PS3とかゲームのキャプチャーの仕方を説明しているサイトは見つけたんですけどね。
(やり方を知っている人は是非教えてください。お願いします!)

Video Studioとか編集用のソフトは手元にあるんですけどね。
で、いつも仕方なくソフトウェアキャプチャーしていて、ゲームなんかはFraps使っているのですが、金払うの面倒なので、いつも画面上に「fraps」という文字がでてしまうんですよね。
で、他にも色々とフリーソフトはあるわけですが、使ってみるとコマ落ちが激しかったりで動画がカクカクになってしまうわけです。そんなわけで、リアルタイムでキャプチャできないのは仕方ないとして、フレームがなくなるのは避けたいわけです。
それで、プログラムの方でフレームをレンダリングするときにキャプチャすればいいんじゃないのかなって思って組んでみました。
結果、きちんとAVIファイルは作成できたのですが、一回編集ソフトに持っていかないと、綺麗に再生されないんですよね。
出来立てのファイルだとなんか再生時間が合っていなかったりとか、なんかマズイ所が多いようです。
もうちょい修正してからホムペにアップしようかなって思います。

| コメント (0) | トラックバック (0)

«ローポリスーパーテク